2016年09月18日

生命操作の問題(1);病気の治療法開発と生命科学

 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。
 例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、大雑把に整理してみたいと思います。
 今回から6回分のエントリーを使って、順次まとめていきます。

 1回目の今回は、病気の治療法の開発の実態と、それに対する生命科学の寄与、およびその間に横たわる障壁に関して概観します。殊に、その最先端にある、いわゆる生命操作技術と称されるもの、およびその背後にある各種の医療技術と、その基盤にある科学との関係について考えます。

1)そもそも生命操作とは?
 博物学的な分類や形態記述から始まった生物学が、生化学や分子生物学、システム論的な構成論的生物学、情報学などとの融合や統合を経て、現在の生命科学の姿になったのは、90 年代後半〜今世紀初頭の時期と云って良いでしょう。その現在の生命科学において、DNA や蛋白質などの生体高分子、各種の細胞や組織、臓器、身体の一部を制御ないし交換することも、今や大なり小なり可能なものになりつつあります。かといって、産業機械の如く部品の交換が容易に出来ないのが生命体であるとの理解も進んできており、また部品の集積として生命体を捉えること...要素還元主義...に対する批判も、生命科学の研究そのもの、またその延長線上にある医科学や医療において、踏まえるべき常識になりつつあります。

 ただ、良くも悪しくも、生命体を構成する物質や組織、及びそれらの集積の様式に対する理解が、科学としての生物学、生命科学を進めてきたことは事実であり、科学はその対象に干渉し、これを制御することでその対象の理解を試みます。そうである以上、生体を構成する物質や組織を何らかの意味で外的に操作する行為は否が応にも行われることになります。

 多くの言説が、生命操作について、定義をし、論じています。一部を挙げておきます。

・NHK 福祉ポータル ハートネット 生命操作−復刻版−
・ALIVE 動物の生命操作と生命倫理
・日本学術会議 生命科学の全体像と生命倫理こちらも参照)
・森岡正博
 人間の生命操作に対する批判的見解に関する予備的考察(1)
 人間の生命操作に対する批判的見解に関する予備的考察(2)
・京都精華大学 生命操作技術をすすめることの是非
・(書籍)教文社 生命操作は人を幸せにするのか

 論点は多岐に渡り、認識の大小の差異はありますが、概ね「以前は不可能だった遺伝子操作や生殖制御、生体機能の増強」を生命操作と定め、その内容や意義、問題点(特にその倫理的、社会的、経済的側面)を論じています。

 本稿では、生命操作を以下のように定義します。
[定義]
 何らかの意味で確立された科学的知見に基づき、生体高分子(蛋白質、核酸)やそのネットワーク、細胞やその集合体、生体組織の一部又は全部、生体システム(免疫系、神経系、造血系、生殖系、運動系など)に外的な操作を施すことで、その生理現象や生理機能を制御する技術的操作の総称。


2)治療法開発の流れと生命科学
 さて、何かある疾患があるとき、確立された治療法が存在する場合や、その治療法に改良の余地があって、利益が大きく害悪が少ないと期待できる場合には、医師はその治療法又はその小幅改訂版を採用し、他の医療従事者もその方針に従い、患者も...必要な説明を受け、同意すればとの前提で...その治療法を受け入れるのが普通でしょう。
 ただ、そうした既存の治療法及びその改訂版、組み合わせでは上手くいかないような場合には、新しい治療法を検討し、試すことが視野に入ってきます。既知の生命科学の知見を応用することで、その新しい治療法の開発が出来る場合でも、そこに研究の余地が発生する場合には、治療法の開発から臨床現場での適用に至るまでの道のりは、一筋縄でないことの方が普通です。ましてや、治療法の原理や技術の原理になる基礎的な部分の科学的知見に研究の余地がある場合には、その困難は更に増します。

 さて、そうした治療法が出来るまでの道のりは、どのようなものでしょうか?

 対照として、医薬品開発の場合を例に、その概略を述べます。
 外科的操作を伴う場合なども、およその流れは大同小異と言えます。

 新規の医薬品開発にあたって、最初にやることは、一般に標的となる病気に関して、その病理や病態、経過、及びそれらの発生機序を明らかにすること。次に、標的となる機序とその鍵を握る分子や細胞を特定すること。そして、一連の結果を踏まえて、それらの分子や細胞に作用する物質を徹底的に探索します。多くは低分子ですが、最近は分子量の大きなもの(500〜1,000 g/mol 程度)や、多量化した高分子(ペプチド、蛋白質)、及び生物試料からの粗生成物等(生薬エキス、死菌、生きた微生物など)を用いる場合もあります。
 次に、取り上げる物質が生体の構造や物性、生理作用を徹底的に調べます。その上で、培養細胞や実験動物にその物質を投与して、有効性や安全性の前評価を行います。ここまでが、前臨床試験と言われるものです。
 その段階を通過した物質が、いよいよヒトに投与される段階が、臨床試験(いわゆる知験)です。ある意味で文字通り、人間を素材にした動物実験の一面はあります(ヒト以外の動物で有効性と安全性を評価したあと、ヒトで同じことを行うという意味で)。3段階で行われ、少数の健常者を対象にした第1相、少数の有志の患者を対象にした第2相、多くの患者を対象にした第3相にわかれ、途中のどの段階で重大な問題が発生してもそこで終了という厳しさがあります。
 第3相臨床試験を通過した物質が、必要な手続きを経て承認されると、医薬品として世に出ます。そして、国の薬価基準に収載されると、処方薬として医者から患者の手に渡ります。
 なお、デビュー後にも市販後調査という審査があり、そこで引っかかるとデビュー後のオジャンもあり得ます。

 上記で医薬品を医療機器、外科処置に置き換えると、治療法開発は大筋で同じものになります。ただ、外科処置を伴う場合や、医薬品開発でも抗ガン剤の場合などには、第1相臨床試験において健常者を対象としないことが普通です。

 こうしてみると、前臨床試験までの段階で基礎的な生命科学の研究が大いに寄与し、臨床試験の段階でも素養レベルの生命科学や他の自然科学、数学、統計学などの寄与があることが分かります。

3)技術開発をめぐる社会の動き〜そこにある光と影〜
 最先端の医療技術に接する機会は、その内容にもよりますが、たまたまその対象になるある病気や怪我を経験し、その治療対象としてその医療技術にアクセスしうる条件に恵まれた人に限られることが普通です。ただ、その病気やけががある日突然、誰のところにやってくるかが事前に分からない以上、潜在的には誰でもその最先端医療にアクセスする可能性は大なり小なりあると考えるべきでしょう。多くの医療従事者や医科学研究者は、その前提で研究や開発、医療の実践を行っているはずです。
 ただ、科学的知見や技術が正しく適用され、それを希望する人にとっての生きる力になる幸せな事例ばかりでないのもまた、実態です。希望する人に希望通りに適用して、幸せな結果にならない事例は、最先端の場ではままあります。また、患者の側がそれをそもそも希望するか?という自己決定権の問題もあります。もともと標準医療であっても、その適用は手探りの側面が強く、一定範囲の不確実さはあります。それが最先端医療になれば、その不確実さは増します。そのことを受け入れることの出来る患者や医療従事者がどれだけ居るかとなると、現実的な難しさは更に増します。
 具体的な問題群は今後徐々に後述していきますが、そうした問題を直視して乗り越えるために、誰が何をどうしたら良いのかも、一筋縄ではないでしょう。

 次回第2回は、医科学の基盤となる生命科学の最先端の、ほんの一端に触れます。
posted by stsfwgjp at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

今年もサイエンスアゴラに出展:ワークショップ「本音で語る『専門職学位』〜薬学6年化は成功するか?〜」

 今年も 11 月9日(金)〜11日(日)にかけて、東京・臨海副都心の日本科学未来館とその周辺(国際研究協力大学村)にて、科学コミュニケーションの祭典「サイエンスアゴラ 2012」が開催されます。
 そして、我々も毎年恒例の研究問題ワークショップ「本音で語る」を出します。
 今年のテーマは、専門職学位。専門家を育てる大学という場のありかたと、その社会的な影響に関して、薬学部を例にとって考えます。
 以下に、企画の概要を記します。

題 名:本音で語る『専門職学位』〜薬学6年化は成功するか?〜
出展者:横山 雅俊(市民研)、山本 伸(サイコムキャリア)
    日本薬学生連盟、#phdjp 科学と社会ワーキンググループ
関連団体:NPO 法人市民科学研究室
会場:日本科学未来館 1階 オリエンテーションルーム1
日時:11/10, 15:00〜17:00
[注:9/4, 7:40 に会場と日時を追記しました。]

出展趣旨:
 諸外国では、薬剤師は専門職学位として位置づけられ、教育年限は軒並み5〜6年です。その情勢に影響され、昭和の頃から続く議論を経て、日本でも2006年から薬学部は6年化されました。しかし、その経緯においては年限の根拠、教育内容、必修の臨床実習の体制整備、臨床医療以外の薬学の意義など問題が山積しており、6年化実施後もその影響は大きなものになっています。
 そうした薬学教育の問題点をあぶり出し、薬学教育を実施する側、推進する側、教育の受け手の生の声=本音を踏まえて、今後どうあるべきかを考えます。
 日本の薬学部の6年化に関する議論やその社会的影響に関して、実は教育研究、臨床医療の当事者も理解が浅い場合が多く、一般市民は殆ど知らないのが実状です。他方、意識の高い一部の薬学生は危機感を持っています。政策立案の過程で懸念された問題点やその背景を、垣根を超えて共有し、今後の薬学のあるべき姿を皆で考えていきます。主に薬学に興味ある学生、薬学の当事者を対象にしますが、意識の高い市民の参加も歓迎します。

企画内容(予定):
 前半はトークセッション、後半はワークセッションにします。
 前半部は、薬学6年化を推進する立場の臨床医療関係者と、これに批判的で薬学の多様性を重視する教育研究者にそれぞれ問題点や背景を挙げて戴き、これに薬学生の意識調査の結果を加えて、何が問題なのかを議論します。
 後半はそれを踏まえて、参加者のひらめきを重視する手法(全脳思考法)を通じて、薬学教育の未来像を皆で探ります。プロコン型にはせず、問題意識の共有を重視します。

追記:
 例年通り、当日の模様はネットワーキングチャット twitter を用いて生中継します。
 用いるハッシュタグは後日発表します。

参考:
市民研通信 知られざる研究問題・薬学部6年化とその影響
LINK to the page
posted by stsfwgjp at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

サイエンスアゴラ2011 ワークショップ「本音で語る“夢の薬”-2010年問題をぶっ飛ばせ-」

サイエンスアゴラ2011でワークショップ開催
「本音で語る“夢の薬”-2010年問題をぶっ飛ばせ-」

 2006 年の第1回サイエンスアゴラから出展を続けている、研究問題を考えるワー
クショップ「本音で語る」。
 今年は、医薬品 2010 年問題をきっかけに、“育薬”という考え方を皆で共有して
、知を生み出す営みにどんな問題があるのかを、医薬品の問題を切り口にして考えま
す。

 開催要項は、以下の通りです。

日時:2011 年 11 月 19 日、15:00〜17:00
会場:産業技術総合研究所臨海副都心センター 4階・会議室1
主催:
 横山雅俊(NPO法人・市民科学研究室
 山本伸(サイコムキャリア
 #phdjp 科学と社会ワーキンググループ

ゲスト(話題提供者):
 HN「薬作り職人」;製薬関係の研究者
 岩堀禎廣;医療系コンサルタント

開催趣旨:
 医薬品業界のいわゆる2010年問題(ブロックバスター問題;主要医薬品メーカーの稼ぎ頭たる医薬品の特許切れが一挙に起こることに対する、業界への影響の問題)の年限から約1年が立ちました。しかし、その影響は今じわじわと、医療全般に少しずつ及んでいます。
 いわゆるジェネリック医薬品に端を発する医療経済の問題(安ければ良いというだけじゃない)や、新薬の開発における研究パワーの維持(収入が減れば開発費も減る)、育薬(研究サイドと患者とで、手を携えて医薬品を共に育てていくという概念)の問題など、一般庶民を取り巻きながらもその姿の見えにくい問題が、実は沢山あります。このため、いざというときの我々の人生を大きく左右しかねません。
 その実状に目を向けながら、では、研究開発に携わる製薬関係者、患者と医療の橋渡し役でもある臨床従事者、薬の利用者たる患者は、それぞれに一体どのようにすれば良いのか? そのことを本音で考え、その考えを重層的に共有することを目指します。

当日の内容:
 前半は、ゲストの話題提供者に、薬を作ること、薬を使うことに関して、その魅力や大変さを語っていただき、それを元に話を膨らませるカフェ形式のセッションです。
 後半は、そこで出てきた話をタネにして、みんなで島を作って話しあうワークセッションです。その際に、全脳思考法という特殊な方法を用います。その方法では、参加者のひらめきや、意外な気付きを大切にします。
 当日の模様は、ハッシュタグ #ddp11 でネットワーキングチャット twitter にて生中継します。

 当日の、皆さんのお越しを、お待ちしております。

 事前にお越しいただける旨のご連絡を頂ければ、幸甚です。
 こちらまで、宜しくお願い致します。

参考 URL:
全脳思考について
LINK to the page
posted by stsfwgjp at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

ワークショップ「震災後の世界で何をするか〜科学コミュニケーションの役割を問う」の趣旨説明

 このエントリーでは、緊急ワークショップ「震災後の世界で何をするか〜科学コミュニケーションの役割を問う」の開催趣旨に関して、説明します。



 2011 年3月 11 日以降、未曾有の規模の被害と影響をもたらした東日本大震災。
 東北地方から関東地方にかけての沿岸部を中心に、地震と津波のため多くの人的及び物的な被害が発生し、実に1万人以上の尊い人命が失われました。そして、その影響により、東北から北関東にかけての多くの基幹産業が打撃を受けた影響で、日本全国はおろか世界の経済活動にも悪影響が生じることになり、農業、食品加工、医薬品製造、自動車及び鉄道部品の供給に重大な支障が生じています。
 更に、それに加えて、福島第一原子力発電所の津波被害に端を発する一連の大事故の動は、世界が固唾をのんでその動向をいま見守っているところです。先日、その事故の評価は NIES(国際原子力放射線事象評価尺度)のレベル7にまで引き上げられ、その影響の大きさは旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所に次ぐものとなっています。

 そんななか、第3期科学技術基本計画の策定以後、徐々にその存在や活動が認知されるようになってきた科学コミュニケーションは、3月 11 日以降今に至るまで、何が出来たでしょうか? 科学・技術と市民社会の橋渡し、或いはある分野の専門家と非専門家の橋渡しをするべき存在としての科学コミュニケータは、何をしてきたのか、或いはこれから何をして行くべきなのか。そのことが、科学コミュニケーションの内部で喧しい議論の種になっており、またこの事で社会からも大小の批判が出ています。

 科学コミュニケーションそのものは、本来は平時のそれを想定したものであり、今回のような緊急時のそれは危機コミュニケーションとして区別すべきと云う論調もあります。一理あると思いますが、科学と社会の接点に於ける危機的状況のみの専門家が科学コミュニケーションと全くの独立別個のものと、果たして云えるのでしょうか。両者を分けて考えることの意義は理解出来るものの、その関係(相違点や類似点を含む)を理解し整理した上で、両者の相互乗り入れを図ることも重要だと考えられます。

 他方で、これから被災地の復興や社会不安の除去、原発問題の解決などのために、科学技術の専門家や、橋渡し役としての科学コミュニケータに出来ることは、多々あると思われます。それぞれの専門とする仕事に従事することも勿論重要ですが、その上でどんな積み増しが出来て、それにどう云った意義があるのかを考えることには、大きな意義があると考えられます。

 そうした意義に関して、今回は科学技術政策ウォッチャーとしてご活躍で、病理医としても日々ご奮闘の榎木英介さん(サイエンス・サポート・アソシエーション代表)をお迎えして、ワークショップ形式で科学技術の専門家や橋渡し役としての科学コミュニケータの、緊急時や復興時に置ける社会貢献のあるべき姿に関して議論する場を持つことにしました。

 今回の成果は、提言などの対外的な発表をはじめとして、可能な限り2次利用することを前提としたいと思います。
 皆さんのお越しと、建設的で有意義な議論を、お待ちしております。
posted by stsfwgjp at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急開催! ワークショップ「震災後の世界で何をするか〜科学コミュニケーシ ョンの役割を問う」

 緊急のお知らせです。
 この度、先般の東日本大震災における科学コミュニケーションの果たすべき社会貢献の可能性に関して思うところがあり、サイエンスアゴラ 2010 でのワークショップ「本音で語る科学技術政策」の主催者の一人が、下記の緊急ワークショップを企画しました。

緊急開催! ワークショップのご案内
「震災後の世界で何をするか〜科学コミュニケーションの役割を問う」

 2011 年3月 11 日以降、未曾有の規模の被害と社会的影響をもたらした東日本大
震災。
 科学・技術と市民社会の橋渡し、或いはある分野の専門家と非専門家の橋渡しをするべき場としての科学コミュニケーションは、震災当日以降今に至るまで、何が出来たでしょうか? そのことが、科学コミュニケーションの内部で喧しい議論の種になり、またこの事で社会からも大小の批判が出ています。
 サイエンスキャラバン311や、twitter 及びブログ等での個人レベルの情報発信、サイエンスメディアセンターなどの取り組みはあるものの、まだまだ出来ることが沢山あるので
はないか。これらの点に関して、今回は科学技術政策ウォッチャーとしてご活躍で、病理医としても日々ご奮闘の榎木英介さんをお迎えし、研究者や科学コミュニケータの、緊急時や復興時における社会貢献のあるべき姿に関して、ワークショップ形式で議論する場を設けました。
 我こそは!と強くお思いの方々と、建設的な議論が出来ることを期待しております。

ゲスト:榎木 英介さん
(病理医、科学技術政策ウォッチャー、サイエンス・サポート・アソシエーション代
表)

開催日時:
2011 年4月 29 日(金・祝) 14:00 〜 17:00

プログラム:
13:30 〜 14:00 受付
14:00 〜 14:10 開会挨拶&趣旨説明
14:10 〜 14:40 榎木さんの基調講演&質疑(カフェ形式)
14:40 〜 14:50 休憩
14:50 〜 15:30 グループワーク
15:30 〜 16:00 討論1
16:00 〜 16:10 休憩
16:10 〜 17:00 討論2&総括

会場:光塾 COMMON CONTACT 並木町
LINK to the page
(渋谷駅新南口より徒歩1分)

主催:NPO 法人 市民科学研究室
LINK to the page

当日ご参加頂くには...:
事前の申込は不要ですが、ご連絡を予め頂ければ非常に助かります。可能な方は宜し
くお願いします。
※会場の定員は 40 人です。

問い合わせ先:
renraku@shiminkagaku.org までお願いします。
posted by stsfwgjp at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする