2016年08月14日

科学祭を考える(5);日本の科学祭ネットワーク

 科学祭について考える5回シリーズ、その最終回は日本の科学祭ネットワークに関して考えます。
 明治期以降の日本では、国策による産業振興の流れで博覧会や見本市が盛んに行われるようになってきて、最近は見本市が殆どになりました。その一方で、理科教育の文脈で、その担い手同士のネットワークも地道な活動を続けており、その成果共有の場としての科学イベントが、博物館の特別企画や地域の科学イベントとして実施されてきました。その担い手同士をつなぐネットワークや拠点の一覧を概観してみます。

1)日本の理科教育ネットワークと博物館
 主なものを見てみましょう。全部を列挙すると膨大な量になるため、全体を概観できるサイトを主に挙げておきます。

<理科教育の学会関連>
日本理科教育学会
日本科学教育学会
日本物理教育学会
化学教育協議会(日本化学会教育普及部門)
日本生物教育学会
日本地学教育学会
・E-TOPIA(教育情報ポータルサイト) 日本の理科教育一覧

<博物館・科学館・水族館>
全国科学博物館協議会
全国科学館連携協議会
・国立教育政策研究所 主な博物館に関する全国的団体
公益財団法人日本博物館協会(全国の博物館一覧を記載)
・全国科学館連携協議会 加盟館の一覧
・ZOOMANIA(ズーマニア)
 全国の水族館一覧
 全国の動物園一覧
 全国の専門館一覧
・公益社団法人 日本植物園協会 植物園の情報

 全国津々浦々に、拠点は多数あります。これでも、恐らく全てを拾えていないと思われます。
 個人や市民団体の連合においても、例えば天文教育普及研究会日本初等理科教育研究会のように、独自でも活動しながら、加盟する個人や組織も熱心な取り組みを重ねている事例が多くあります。
 ただ、分野や担い手の枠を超えたつながりという面での厚みの差は、欧米の事例群との比較においてはどうしても出てきます。一連のネットワークはどこまでオープンで、そしてどれだけの成果を上げていて、その成果はどれだけ世に知られているでしょうか?

2)サイエンスアゴラ「広がりゆく科学のひろばの担い手たち」
 縁あって、筆者は 2013 年から、東京国際科学フェスティバルの実行委員を務めています。
 その取り組みとして、関係各位からの大きな協力を得ながら、科学コミュニケーションの祭典兼総合見本市であるサイエンスアゴラにて、日本各地の科学祭の担い手同士が相互に人的、知的に交流出来るための企画として、「広がりゆく科学のひろばの担い手たち」という企画を実行委員会として出展しました。

 それらの公式サイトへのリンクを以下に貼っておきます。
・2013 年の開催分(こちらを参照)
・2014 年の開催分(ブースと時間枠;こちらから報告書本文を参照)
・2015 年の開催分(ブース時間枠

 流れとしては、独自の単発というわけでもなく、サイエンスアゴラの黎明期に NPO サイコムのクレジットで実施した「広がる草の根サイエンスコミュニケーション」(2006, 2007 年の2度開催)と基本的には同じ考え方とデザインで組まれた企画です。
 構成としては、終日設置のブース出展と時間枠型の交流セッションの2段構えで、1つの企画にその両者がセットとなっている事例は、過去にも多くは無かったようです。ブース出展では、東京国際科学フェスティバルの基本理念と概要、開催報告に日本各地の科学祭の事例とその広がりを展開する展示をセットにしました。科学祭の事例群に併せて、過去に科学コミュニケーターの有志による連携互助組織である「横串会」がかつて担った“サイエンスカフェポスター展”のコーナーも、2013 年の開催では設けました。時間枠企画では、東京国際を含む5〜7ヶ所の科学祭による事例紹介と成果、問題意識の共有を図り、地域の枠を超えた連携活動の展開を視野に入れて、日本各地の科学祭同士のネットワーク化の端緒とすることを狙いにしました。

 2016 年のサイエンスアゴラでは、それが発展的に改組して、事実上の本部企画へと昇格し、以下のような形になりました。
・(ブース)広がりゆく科学のひろば
・(時間枠)サイエンスフェスティバルの担い手たちをつなぐ対話集会

 こうしてみると、日本の科学祭ネットワークは、国の助成を受けて始まった科学祭の担い手が主体となったボトムアップ式の連携として始まり、アメリカのそれに近い形で始まっています。ただ、国から連携そのものを打診されて始まったアメリカの場合とは異なり、地域で熱心な取り組みをする個々の担い手を紹介し相互応援するための地盤を築くことを当初から狙っていた点では異なるところもあります。

3)JASC 地域連携委員会とアゴラネットワーク
 2012 年1月に東京大学本郷キャンパスでの設立総会で産声を上げ、今年で5年目を迎える一般社団法人日本サイエンスコミュニケーション協会。そのプロジェクトの一つに「地域連携委員会」という組織があります。日本各地で行われている科学教育や科学の知識普及、価額を題材に含む対話や実践の場の設置と運営など、様々な科学コミュニケーション活動を地域密着型で進めている同法人会員のとりまとめと調査、研究、相互交流を図ることを目的にしています。
 これと併せて、その正体は未だに事実上不明なのですが、サイエンスアゴラを主催する科学技術振興機構の側で、各地の科学祭主催者や地域連携活動の担い手の方々をつなぐネットワークとして「アゴラネットワーク」なるものが形成され、動き始めているようです。

4)今後の展望
 第3期科学技術基本計画の策定により科学技術コミュニケーションの推進が国策となって以降、地域社会の中で科学の知識普及や理解増進、科学を題材とした対話や実践の場...それも、必ずしも科学の魅力や意義にとどまらず、陰の部分や負の側面への直視も含むもの...は徐々に増えてきています。かつて、日本の市民運動の文脈では、何かのプロジェクトや企業活動への批判や非難、反対運動といったものが支配的でした(それら自体が社会的に悪いものだというわけでは必ずしも無く、例えば四大公害問題や、企業活動のもたらす地域社会の影響としての健康被害問題や各種環境汚染などを社会に知らしめてきた功績は大きいと思います)。しかし、それらにとどまらず、科学の陰陽の両側面を大切にしていこうという動きは草の根レベルからでも着実に育っており、疫学調査への協力や防災教育の取り組みなどが、各地での科学縁日型イベントや地道な理科教育の実践と併せて、少しずつ増えてきています。
 このシリーズで再三述べてきたことに屋上屋を重ねますが、科学祭は、地域の枠で科学の魅力や意義を共有する営みを、祝祭の場として組み上げるような、科学イベントの有機的集合体です。そこには場の担い手が拠って立つ思想があり、その場に関わる人たちと思いがあって、それらが結びついて成り立っています。そして、その題材こそ科学ではありますが、大衆の科学理解増進(PUS)や市民の科学への関与の促進を通じた街興しとしての意味を超えて、その街興しの場には科学の専門家の社会参画の側面が色濃くあり、そして科学の専門家も専門分野以外の題材に関しては“素人”でもあるわけです。その場作りにおいて、専門知保持の非対称性が文脈依存的に時々刻々入れ替わることは普通にあります。その意味で科学コミュニケーションとしての科学祭の実践は、科学技術社会論において取り上げられ続けてきた PUS と市民参加の枠を超える営みとして、科学コミュニケーションそのものが本質的に持つ多様性や総花性をよく表現するものだと言えるでしょう。
 その左記の表現可能性は、必然的に科学祭という営みそのものの今後の可能性とも直結しており、よく言えば「何でもあり」にしていることによる理念的な危うさもある一方で、その「何でもあり」にしている“良い意味でのゆるさ”が異分野交流による文化的営みの新しい流れの源泉でもあるわけです。
 現状の科学祭が抱える課題として、各種芸術(造形、音楽、演芸など)との融合、低学力層や貧困層へのアクセスとその方法論、担い手の持続可能性、地域社会の特色の取り込み、地域の枠を超えた相互交流(人材、題材、既存の地域間交流との連携など)が考えられますが、それらも全て科学コミュニケーションの多様性や総花性に立脚した協調的創造から始まるものであるはずです。
 そうした厚みのある内容を、地域社会の中でどれだけ共有していけるかが、科学祭という営みの正否を左右しているのだろうと、筆者としては考えます。

 当会としては、科学祭や科学にまつわる地域連携活動に関しての実態調査や、それらの設計や運営に関する諸問題の実相に関する研究を、持続可能な範囲で細々と続けていきたいと思っています。
posted by stsfwgjp at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444724627

この記事へのトラックバック