2013年08月04日

動物実験、何が問題なのか(4);論点の整理と主催者の私見

 今年のサイエンスアゴラ出展企画「本音で語る生命倫理--動物実験なぜ必要?なぜ反対?」に関連して、その背景となる事柄を、4回にわたって整理したいと思います。今回はその最終回・4回目です。これまで3つの記事の論点をまとめて、今後の展望を考えてみます。

 第1回では、今回の企画における動物実験の定義を掲げたうえで、動物実験の反対運動と、その影響を受ける科学技術の姿を見てきました。その中で、反対運動にも過激なものと誠意ある地道なものとが混在し、反対運動の動きや社会の情勢に呼応しての研究者業界や政府、企業などの取り組みがあることも取り上げました。
 第2回では、動物実験反対運動の担い手を紹介し、その論旨を整理しました。また、それに対する研究者や一般の市民からの反批判も取り上げ、動物実験の功罪を考える上での入口を作りました。そして、双方の立場には「生き物のいのちを大切にしたい」という根源的な共通認識が存在し、その先の段階で対立があるのでは無いかという仮説を提起しました。
 第3回では、動物実験がもたらした科学の基盤的な知やその応用の幅広さや奥深さを直視し、科学と社会の接点にある陰の部分を考えていく上で、原理的に動物実験やそれに依拠した知と向き合って行かざるを得ないことを見ました。その一方で、科学と社会との接点にある問題として、科学技術倫理という問題群の所在や、なかなか表には見えにくい問題の源泉があることも見ました。

 今回、我々は、動物実験の問題に悩んでいる生命科学者たちを応援する流れを作りたいと思っています。
 科学者の社会的責任論の文脈で、知を生む存在としての科学者が市民に隷属するという図式から、科学者を自由にしたい。科学者も人間であって、生活があり人生がある。その生活や人生の一部が研究であり、知を生むことにより社会に貢献し、社会を豊かにしようとしている。その意味では、人間としては科学コミュニティに属さない市民と対等な存在たりうる。そういう科学者の姿と、その科学者が知と向き合う営み、その営みと社会との接点にある問題、それらを直視する場を作り、新たな流れにつなげたい。
 ここ何年かの科学コミュニケーションにおいて一部で見られる科学者批判の言説には、最近ややうんざりしています。科学者が人間であることを忘れ、科学者の本音を社会が封殺することがある種当然視されてきたきらいもあるかも知れません。その流れを、今回ちょっと変えてみたいとも思っています。

 そうは言っても、社会の中で生きている誰もが、科学の光と陰に、密接に関わって生きています。
 それだけに、科学批判の主体を煙たがったり、その論調に無知蒙昧のレッテルを貼ってフタをしたり、そうしたことを安易には出来ないとも思います。
 今回の動物実験の問題に関して云えば、厳然たる実態として、動物実験は(必ずしも愛玩や人生伴侶の対象になるとは限らない)動物の生やいのちを犠牲にして成り立っている面があり、反対運動の担い手たちはそのことを問題にしています。食物連鎖のことも、現代の文明社会のことも、恐らくは視野に入れた上で、生き物の命を安易に頂戴して良いのかと言っているわけです。
 科学研究の現場においても、理科教育の現場においても、生き物の命を大切にしながらことを行うことが実際には一般的と考えられます。しかしながら、少なからぬ事例において、生き物の命を無駄にしたり、或いは虐待したり、当事者にはそのつもりが無くても傍目には生物の虐待や浪費に見えたりするという場合は残念ながら存在します。
 その問いかけに対して、研究者業界や理科教育の業界、科学コミュニティは誠実に向き合い、答えを出していかなければいけないと思います。

 他方で、動物実験反対運動の担い手たちも、自分たちの主張に対して、心情的に満足出来る答えが得られないからと言って、苛烈に攻撃的なキャンペーンを張るようでは、対話になりません。それはまた、自らの「生き物の命を大切にして欲しい」という願いを共有可能なものにすることを妨げるでしょう。少なくとも、この記事にあるように、明らかな破壊的行為を解放だの救出だのと言っているようでは、社会からの支持は得られないと思います。
 敢えてそのことを述べた言説を挙げなくても良さそうですが、こちらこちらの記事を紹介しておきます。そして、ほぼ全く同じことを動物実験反対運動の担い手の方々の中にも、認識している方がいらっしゃることも一言触れておきます。

 さて、今回のサイエンスアゴラの企画と連動させて、全国規模の一斉調査をしようと考えています。そして、今その調査が準備中です。

・全国の生命科学系の研究室で、動物実験をやっていそうなところ
・動物実験反対の運動をしている方々
・分野不問で学問的な営みに触れている全国の大学院生
...のそれぞれに、アンケートを一斉に送付しようとしています。

 どんな内容かは、後日公開します。
 お送りさせて頂いた皆様におかれては、どうかご協力のほど宜しくお願いします。

 どのくらいの方にご協力頂けるかは全く未知ですが、ご協力頂けるか否かという事実自体にも何らかの意味があると捉えて、今回の調査を実施したいと思っています。
posted by stsfwgjp at 21:38| Comment(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: