2011年12月01日

開催報告:ワークショップ「本音で語る“夢の薬”-2010年問題をぶっ飛ばせ-」

 科学コミュニケーションの祭典「サイエンスアゴラ2011」。今年で6年目になる研究問題ワークショップ「本音で語る」。その開催報告を掲載します。

 科学と研究の世界の影の部分、負の側面に焦点を当てる研究問題ワークショップ「本音で語る」。今年は、医薬品 2010 年問題と育薬をテーマにしました。題して、「本音で語る“夢の薬”〜2010年問題をぶっ飛ばせ〜」。
 当日は記録的?な荒天という厳しい状況でしたが、延べ人数で 30 人ほどの方々にお越しいただき、当日は非常に盛り上がりました。

 当日の模様は、一昨年からこの方に twitter 生中継のご協力を戴いています。その模様を、こちらにまとめてありますので、そちらもご覧ください。

1) 当日の内容
 企画の理念その他は、こちらをご参照下さい。午後3時から産総研臨海センター本館4階会議室にて、2名のゲストを迎えて無事開催出来ました。

 ゲストは、このお2人。滋賀県からお越しのHN「薬作り職人」さんと、医療系コンサルタントで株式会社オクトエルの岩堀禎廣さん
 前半は、このお2人による対談形式にしました。対談形式は、「本音で語る」6回目にして、初めて採用。岩堀さんのパワーあふれるトークと、それに軽妙に応じて豊富な話題や論点を提供してくれる薬作り職人さん、それに丁寧で平易な解説を、比喩を交えて加えてくれる岩堀さんという感じで、それだけでもトークショーとして成り立つほど。話の概略は以下の通りです。

 医薬品の研究開発のハイリスクハイリターンぶり、それが医薬品の価格にも跳ね返り、それなしにはやっていけない製薬メーカの厳しさ。90 年代は当たり続きでバブルだった新薬開発も、今はバブル末期という状況。稀な疾患、難病の薬はなかなか作りにくい。特許で保護されている医薬品の価格も、その保護期間は正味で発売後高々 10 年程度。医薬品開発のスクリーニングは、アイドルのオーディションと同じ構図。好きなタレントに人生の4割を注ぎ込んだファンがいたとして、そのタレントにもしものことがあったら...。このタレントを薬、ファンを製薬企業に置き換えると、製薬側の医薬品 2010 年問題の説明になる。
 諸外国では、ジェネリック品(後発品)の処方割合が7割、日本では3割。それゆえ、日本で受ける以上に、いまや海外で事業展開している製薬メーカーは、この問題の影響をもろに受ける。

 トークの最中にも来場者からの割り込は想定していましたが、お2人の対談に皆さん引き込まれていたようで。
 トークがひと段落したところで、質疑応答が数件。

 それを経て後半は全脳思考法を用いたワークセッションになりました。2つの島に別れて、「どんな薬があったら良いか?」「薬にどうやって関わっていったら良いか」の2つをテーマに、作業開始。ここでしばし和気藹藹とした雰囲気に。全脳思考法は、シナリオ型の手法で、誰かを主人公にした物語を作りながら、テーマに沿った気付きを得るというものです(こちらも参照)。
 いよいよ、それぞれの島で展開された話を発表。島その1では「どんな薬が欲しいか」の話を。物語の題名は「山あり谷あり→薬で社会貢献」。キーワードは、みんなが幸せになる薬、社会に称賛されるような薬、定番、スタンダード。皆が幸せになることで、薬に社会的な称賛が得られるという物語が出来ました。ニーズと副作用の問題はあるが、社会性の高い薬が生み出され育っていくというもの。
 島その2では、「自分自身が研究開発に携わるとしたら」。10 年経ったときに携わったらという過程で、その話を1年に圧縮したが、なかなか上手くまとめきれない。物語作りを主導した島の司会役も含めて、実は研究開発のことが良く分かっていないのかも知れない。出たキーワードは、山あり谷あり、こつこつやる時間が必要、など。医療の情報を市民に伝えることの難しさもある...という話でした。

 最後に、薬作り職人さんからの簡単なコメントと、岩堀さんからの難病新薬プロジェクト(進行性骨化性線維異形成症(FOP))の紹介があり、司会の横山から薬の問題が科学と社会の接点を豊富に含む題材であることを述べて、締めにしました。

2) 得られた成果
 今年は、研究問題の題材でありながら、社会との接点が分かり易いものを選びました。とはいえ、実は身近にありながら、その認知度が決して高くないものを、敢えてこだわって選んだところもあります。
 その問題の認知が少しでも進み、その問題解決に向けて、異なるセクタの人材が交わって話し合う場を作れた(それを、科学コミュニケーションの舞台に持ってこれた)ことは、それ自体が成果だと言えると思います。
 トークセッションでの対話形式の導入、全脳思考法のワークセッションは、会場の一体感は、来場者の参画意識を促し、上手く機能したと思います。
 前半がトーク、後半がワークという形式は、第1回から踏襲していますが、この形式自体は来場者と登壇者との距離を縮めるうえでは効果的と思われます。その距離をより一層縮めて、何かを産みだせる可能性の雰囲気を作れたのは収穫の一つでした。

3) 裏話
 医薬品関係の題材をサイエンスアゴラに持ち込むのは、実は3年来の悲願でした。そのために声をかけていたのが、実は岩堀さんの設立した「薬学生の集い」(現在の日本薬学生連盟)。私立大薬学部の学部生主体のインカレ組織ですが、彼等にとっても忙しい時期に声がけをするだけでも難しいのが実状でした。
 今回、岩堀さんを経由して、その関係の方々を巻き込むことが出来て(事前打ち合わせでも2人、当日も1人)、当日にも会場にお越し戴き、興味も持ってもらえて、やった甲斐がありました。

4) 今後の展開
 科学研究や科学技術の負の側面、影の部分に、今後もこだわり続けていきたいと思います。
 研究問題としての今回の「本音で語る“夢の薬”」は、何らかの形でプロジェクト化して(例えば、市民研の企画としてでも)、関わるセクタの数量、関わる人数を更に増やして、第2段以降の展開を広げていきたいところです。
 そのための足場をどうやって築いていくかが、今後の課題です。
posted by stsfwgjp at 09:47| Comment(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: