2016年10月23日

研究問題 WS「本音で語る生命操作」;ゲストの皆様からメッセージ

 今年のサイエンスアゴラ「本音で語る」では、生命操作の問題を扱います。
 既報の開催案内にあるとおり、3人のゲストの皆さんをお迎えします。
 そのお三方から、メッセージをお預かりしています。

 以下で、ご紹介します。

・河本 宏さん(京都大学再生医科学研究所;研究者)
 私達は、iPS 細胞技術を用いて再生したキラー T 細胞を、がんの免疫細胞療法で使うという戦略の臨床応用を目指した研究を進めています。自画自賛になるが、基盤技術の開発研究は順調に進んでおり、成功すれば日本の医療の中に新しい産業領域を形成できるような重要な事業だと自負しています。にもかかわらず、研究資金の獲得がままならないことと、また再生医療における規制面の基準が不明確である点に、四苦八苦しています。第一の論点としては、研究資金の獲得に際して、どういう障壁があるのかをお話しします。第二の論点として、再生医療の臨床応用において安全性の担保がどの程度必要かという点について論じたく思います。

・鈴木 信行さん(患医ねっと株式会社;患者団体)
 今では医療技術が進み、妊娠初期の出生前診断により発見される可能性が高くなった二分脊椎症。
 私は46年前にこの疾患を持ち生まれてきた身体障がい者です。
 また、20歳、24歳では精巣がんになり、さらに今年は甲状腺がんも発症し、いまなお闘病中です。
 各時代の先端医療により助けられてきた私のいのち。
 でも、そこに私自身の意図はさほど感じないというのも本音です。
 患者は治りたいと思っている? 研究が進むことを喜んでいる? 本当に?
 まさにがんの臨床にいる患者は、何を考え治療に向かうのか、そして研究に何を期待するのかについて、個人の経験を踏まえて、一患者の視点から語ります。

・粥川 準二さん(科学ライター;ELSI・社会学)
 iPS細胞、キメラ動物、ゲノム編集、「3人親」体外受精…近年、バイオテクノロジーを応用した先端医療技術が次々と登場しています。これらの社会的な意味や価値について、みなさんと語り合いと思います。
 近年、バイオテクノロジー(生命工学)を応用した先端医療技術が次々に登場しています。本報告では、そのなかからいくつかをピックアップして、その概略を紹介するとともに、その社会的な意味や価値について考えるためのヒントを提示します。言い換えれば、その科学的な意義や可能性ではなく、その倫理的・法的・社会的課題(ELSI)を描出します。
posted by stsfwgjp at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする