2016年10月23日

研究問題 WS「本音で語る生命操作」;ゲストの皆様からメッセージ

 今年のサイエンスアゴラ「本音で語る」では、生命操作の問題を扱います。
 既報の開催案内にあるとおり、3人のゲストの皆さんをお迎えします。
 そのお三方から、メッセージをお預かりしています。

 以下で、ご紹介します。

・河本 宏さん(京都大学再生医科学研究所;研究者)
 私達は、iPS 細胞技術を用いて再生したキラー T 細胞を、がんの免疫細胞療法で使うという戦略の臨床応用を目指した研究を進めています。自画自賛になるが、基盤技術の開発研究は順調に進んでおり、成功すれば日本の医療の中に新しい産業領域を形成できるような重要な事業だと自負しています。にもかかわらず、研究資金の獲得がままならないことと、また再生医療における規制面の基準が不明確である点に、四苦八苦しています。第一の論点としては、研究資金の獲得に際して、どういう障壁があるのかをお話しします。第二の論点として、再生医療の臨床応用において安全性の担保がどの程度必要かという点について論じたく思います。

・鈴木 信行さん(患医ねっと株式会社;患者団体)
 今では医療技術が進み、妊娠初期の出生前診断により発見される可能性が高くなった二分脊椎症。
 私は46年前にこの疾患を持ち生まれてきた身体障がい者です。
 また、20歳、24歳では精巣がんになり、さらに今年は甲状腺がんも発症し、いまなお闘病中です。
 各時代の先端医療により助けられてきた私のいのち。
 でも、そこに私自身の意図はさほど感じないというのも本音です。
 患者は治りたいと思っている? 研究が進むことを喜んでいる? 本当に?
 まさにがんの臨床にいる患者は、何を考え治療に向かうのか、そして研究に何を期待するのかについて、個人の経験を踏まえて、一患者の視点から語ります。

・粥川 準二さん(科学ライター;ELSI・社会学)
 iPS細胞、キメラ動物、ゲノム編集、「3人親」体外受精…近年、バイオテクノロジーを応用した先端医療技術が次々と登場しています。これらの社会的な意味や価値について、みなさんと語り合いと思います。
 近年、バイオテクノロジー(生命工学)を応用した先端医療技術が次々に登場しています。本報告では、そのなかからいくつかをピックアップして、その概略を紹介するとともに、その社会的な意味や価値について考えるためのヒントを提示します。言い換えれば、その科学的な意義や可能性ではなく、その倫理的・法的・社会的課題(ELSI)を描出します。
posted by stsfwgjp at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

プレイベントのご案内;「あなたは、最先端医療を受けたいですか?」

 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る生命操作」に向けて、プレイベントを開催します。
 東京・根津の小さなカフェでの、小さなサイエンスカフェですが、皆様のお越しをお待ちしております。

第8回東京国際科学フェスティバル 登録企画
あなたは、最先端医療を受けたいですか?
LINK to the page
(東京国際科学フェスティバル公式サイトの特設ページにリンク)

日時;10/19, 19:00〜20:30
   (終了後は懇親会を予定)
会場;みのりカフェ
   文京区根津 1-22-10
登壇;鈴木 信行さん(患医ねっと株式会社
   横山 雅俊(#phdjp-WG 主宰)

 高度な医療を受ける機会は、誰にでも、ある日突然やってくる可能性があります。未来の医療や、その基盤となる医科学(医学、薬学、医用工学、生命科学など)のあるべき姿を、患者や医療従事者、医科学や生命科学の研究者がどのように考えるか。また、その成果を社会の中でどのように共有していけばよいのか。それらを、それぞれの立場から考える端緒にします。
 詳しくは、科学祭の公式サイトをご覧下さい。

 事前申込を歓迎します(定員 15 名)。
 お申し込みは 10/18 の 19:00 までに、電子メールで 20161019@kan-i.net 宛にお願いします。
posted by stsfwgjp at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

【確定版】開催案内・研究問題ワークショップ「本音で語る生命操作」

 節目を超えて、今年で 11 回目を迎える、日本の科学コミュニケーションの祭典兼総合見本市、サイエンスアゴラ。基本理念のレベルで若干の迷走はあり、且つ他の企画参加者の間でこのサイエンスアゴラの何たるかに関する理解の高低差もあるのが現状ではあります。ただ、そうはありながらも、知名度は着実に上がりつつあり、企画参加者の変遷や多様化も少しずつ進んできました。
 そのサイエンスアゴラ、今年も開催時期が近づいてきました。

 既報の通り、今年の研究問題ワークショップ「本音で語る」のテーマは生命操作にしました。
 その話の展開において、ある隠しテーマが2つあります(まだ伏せておきます)。

 漸く諸事決定し、確定版の開催案内が出来る運びになりました。

サイエンスアゴラ 2016 出展企画
第 11 回研究問題ワークショップ
本音で語る生命操作〜基礎と臨床の距離どうする?〜
(サイエンスアゴラ 2016 公式サイトのリンクはこちらに)

・日時 ;11/5, 13:00〜16:00
・会場 ;産業技術総合研究所臨海副都心センター別館 11 階・多目的室
・出展者;横山 雅俊
     榎木 英介(近畿大医・病理医)
     三輪 佳子(フリー・科学ライター)
     #phdjp 科学と社会ワーキンググループ
・ゲスト;河本 宏さん(京都大学再生医科学研究所;研究者)
     鈴木 信行さん(患医ねっと株式会社;患者団体)
     粥川 準二さん(科学ライター;ELSI・社会学)

・概要;
 必ずしも難病に限らない病気の治療法や治療薬の開発として画期的なものが、近年幾つか出てきています。その中には iPS 細胞を用いた網膜シートの移植や、アデノシンデアミナーゼ欠損症の遺伝子治療など、高度なものもあります。基盤的な知を生む営みとしての生命科学の基礎研究は、少なからぬ場合において病気の治療法開発を視野に入れていますが、研究成果の積み重ねが治療法として結実するまでの道程は一筋縄でないことの方が普通です。他方で、その病気の治療法に人生の光明を見出している患者や医療従事者の存在も大きく、科学と社会の関係における「役立つ」ことの具体例として確固たる地位を占めています。
 基礎と臨床をつなぐ研究の担い手は、多くの場合、臨床医療方面に過剰な期待を抱かせないよう細心の注意を払っていますが、患者やマスメディア関係者には大きな期待を寄せる向きもあります。そうした中で、最先端の科学技術が「役立つ」ことの難しさを、異なる分脈で受け取る事態が往々にして生じますが、それを我々はどのように乗り越えたら良いのでしょうか?
 最先端の基礎医学の研究を題材として、基礎的な生命科学の研究者、医療のクライアントとしての患者、ELSI(倫理的法的社会的問題)の側面から俯瞰する社会学者の間の対話を通じ、基礎と臨床の距離を直視しながら、基礎医学の研究や臨床医療の開発をしなやかに進めていくには何が必要なのかを、本音で考えます。

・およその内容;
 例年通り、前半がトークセッション、後半がワークセッションの2部構成で実施します。
 前半のトークセッションは、サイエンスカフェの型式で進行します。研究者、患者、社会学者の話題提供と対話に、来場者との双方向的なコミュニケーションを交えて、それぞれの方々が大切にしていることと向き合いながら、基礎研究の遂行や治療技術の開発及び実践に潜む問題の所在と、問題意識の共有を目指します。
 その流れを踏まえて、後半のワークセッションでは、基礎研究や臨床医療の開発及び実践のあるべき姿を探ります。その際に、参加者の気付きやひらめきを重視する手法を用いて、全員参加で問題と向き合います。

・当日に向けて
 事前のご来場受付を行います。こちらのこくちーずのサイト(リンク先)よりお願いします。
 当日の来場者受付の枠もご用意しています。

・当日のお願いとルール
 当日は、ネットワーキングチャット Twitter による生中継を実施します。使用するハッシュタグは #bsm16 です。簡易動画中継 Ustream の実施も検討しております。
 当サイトのこちらのページにもありますが、匿名や仮名での発言、固有名詞を伏せての発言を許容しております。ご自身の責任でご本名や固有名詞を明かしたい方は構いませんが、他人に無理強いするのは絶対におやめ下さい。
 当日は軽食程度なら飲食可にしています。散らかさないよう、ご協力をお願いします。

 多くの皆様と、有意義な時間を過ごしたいと思います。
 どうぞ宜しくお願い致します。
posted by stsfwgjp at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする